お知らせ

今日の診療時間のお知らせ

image



患者様各位

まことに勝ってながら、

今日の午後の診療時間を6時までとさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

年末年始休業のお知らせ

こんにちわ!

 

年末年始休業のお知らせです。

 

誠に勝手ながら、下記の期間休診させていただきます。

 

ご了承のほどよろしくお願い致します。

 

年末年始

 

 

29日までは変わらず診療しています。

 

また、年始は5日から通常診療です。

 

混雑が予想されますのでお早めに御予約ください!

 

よくあるご質問

患者様からよくあるご質問です。

針灸等に対する不安が少しでも解消されればと思います。

下記にないご質問等ありましたら遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

 

moyamoya_man

 

Q1 鍼は痛いですか?

感じ方は人それぞれです。患者様の身体の状態や感受性、ツボの状態などで違ってきます。

痛みを感じやすいところもあれば、無痛のところもあります。

また、ズーンと響いたり、温かく感じたり、熱が取れていく感じがしたりと様々な感覚が起こる場合もありま

す。

 

Q2 感染の心配はないですか?

当院で使用している針はディスポーサブル(滅菌済みの使い捨て)針なので、全く感染の心配はありません。

また、当院では常に清潔な状態を保つよう最善の注意を払っております。

 

Q3 お灸は熱いですか?

基本的には気持ちがいい程度の熱さです。

ただ、患者様の身体の状態によってお灸の方法を変える場合がありますので、

気持ちのいいお灸をする時もあれば、熱いお灸を我慢していただく場合があります。

その際は事前にご説明させていただきます。

 

Q4 どのくらいの間隔で治療をしていけばいいですか?

患者様の身体の状態によって変わってきます。

基本的には間隔を空けずに、週に2~3回集中的に治療を行い、

症状が落ち着いていくごとに週に1回、2週に1回と少しずつ間隔を延ばしていくのがベストです。

治療の流れ

当院では、以下のような流れで治療を行っています。

【Step1】問診表の記入(10~15分)
東洋医学的に問診するために、現在の身体の状況を記入していただきます。
質問は多数ありますが、よりよい治療のためですのでご協力をお願いいたします。
答えたくないところは白紙で構いません。

【Step2】問診(30~50分)
問診表に基づき、詳しくお話を伺います。
直接関係がないと思われる事柄についてもお尋ねしますが、東洋医学的に診断するうえで必要な情報となりますので、こちらもご協力をお願いいたします。

【Step3】体表観察(20~30分)
ベッドの上で、舌・脈・お腹・背中・手足のツボの状態を診ながら、Step1・2で得られた情報と照らし合わせて、治療方針を決めていきます。

【Step4】治療(30~40分)
これまでで得た情報で、鍼もしくはお灸をしていきます。
さまざまなツボに鍼をするよりも、身体の病態に合ったツボを小数で治療するほうが効果的という考えから、小数鍼治療が基本です。

【Step5】休憩・養生指導(10分前後)
治療後ベッドで少し休んでいただき、その後、東洋医学的に見たお身体の特徴や、
治療計画、普段心がけていただくことをご説明いたします。

鍼灸保険治療について

初診(実費)後、適応疾患にあたる場合には同意書を発行いたします。
かかりつけの病院で記入してもらいこちらに提出していただければ、その日から保険治療が受けられます。

(料金)
1割……1,600円
2割……1,750円
3割……1,900円

(適応疾患)
・神経痛(坐骨神経痛など)
・リウマチ
・腰痛症(慢性の腰痛・ぎっくり腰など)
・五十肩
・頚腕症候群(頭から肩、腕にかけての痛みまたは腫れ)
・頚椎捻挫後遺症(むちうちなど)

▲TOPへ