Iさん 30代女性

xxxxx主訴xxxxx

慢性頭痛、頸部の凝り

xxxxx経緯〜症状xxxxx

頭痛は高校時代からあり、元々神経質な気質がある。

一年ほど前から頭痛専門の病院に通うようになって少し良くなったが、

今は1週間に一回は頭痛が起き、1ヶ月に一回は吐気、嘔吐も伴う頭痛が出現する。

仕事のストレスにより悪化しやすい。

xxxxx治療xxxxx

問診と体表のツボなどより自律神経がメインで出現している頭痛と判断し治療を行う。

また、血の不足や胃腸の弱りもあるためこちらもフォローしながら治療を行った。

xxxxx治療経過xxxxx

治療1日目

側頭部から前頭部にかけて締め付けるような頭痛あり。

基本的には、肝(自律神経)に対して治療を行った。

治療後頭痛無し。



治療2回目

前回治療後以降は調子良かった。

昨日の朝に軽く締め付けられる感じはあった。

同様に治療を行う。



治療5回目

頭痛ほぼ無し。

最近は強い頭痛はない。安定している。



xxxxxまとめxxxxx

しっかり問診などを行えた事によって、自律神経からくる頭痛と判断でき、治療を行うことができた。

現在この患者さんのメンテナンスをさせていただいているが、頭痛は全くない。

今は、頸部の凝りが気になるとの事なのでしっかり治療していきたい。また、便が緩い等もあるので胃腸系もしっかり治療していきたいと思います!

頭痛でお困りの方へ

いっきゅうでは、首や肩に針を刺す様な西洋医学的なアプローチはしません。

問診をしっかり取り、頭痛の原因が自律神経からきているものなのか、胃腸からなのか、疲れからなのか、どこからきているか原因を見極め治療していきます。

東洋医学的に、しっかり問診を行い、治療を行う治療院はあまりありません。

東洋医学的にお身体の事が知りたい等ありましたらいつでもご相談ください!