更年期障害

頭痛、生理痛で悩んでいた女性の話

40代 女性

xxxxx主な症状xxxxx

頭痛、生理痛

xxxxx経緯xxxxx

当院の患者さんの紹介で来院。

最近、週に1〜2回側頭部にガンガンする痛みがあり、寝ても治らず困っているとの事。

本人はストレスが原因かもとおっしゃっていた。

また、生理痛にも悩んでおり若い頃から生理痛はきつく、社会人になり更に酷くなったとの事。

仕事を休まないといけなくなるほどの痛みあり。

xxxxx問診xxxxx

足のつり、目のかすみ、乾燥、立ちくらみがあり、生理時にはレバー状の血塊がいくつも出ており、鼠径部にチクチクした痛みなどが出現、生理前に眠くなったり、イライラしやすくなる等。

仕事のストレス→自律神経の異常もありましたが、同様に貧血や瘀血(血の滞り)もありました。

xxxxx治療xxxxx

自律神経に対する治療を中心に、瘀血や貧血傾向に対しても治療を行う。

xxxxx治療経過xxxx

初診)

治療後は全体に軽くなる。

頭痛はこの時なかったため経過観察。

治療2回目)

前回の治療後から1週間空いている。

治療後は2〜3日調子良かった。

休日に入り頭痛出現。

今回も同様に治療。

治療3回目)

生理と被ったためか頭痛出現。

生理痛はまだある。10→8くらいとの事。

治療6回目)

頭痛はあまり気にならない。

痛みはほとんどなく、痛みが来そうだなという違和感がある時がある。(仕事が忙しい時が多い)

治療8回目)

頭痛気にならない。

最近は違和感も無くなってきた。

生理痛痛みは全くなかったが、周期的は不規則なので経過観察。

治療14回目)

生理痛あったが痛みは少なく薬も使わずに済んだ。10→3

xxxxxまとめxxxxx

頭痛、生理とどちらも緩解する事が出来た。

うまく自律神経を調節しつつ、瘀血を処理できた事が良かったと考えています。

生理痛に関してはまだ多少痛みがあるのでしっかり治療していきたいと思います。

妊娠も考えているそうなので、いい子宮環境が作れれば、妊娠できやすい身体になっていくと思います!

一緒に頑張っていきます!

更年期障害



Kさん 40代 女性

    
主訴

更年期障害に伴う頚肩部のこり、前頭部の頭痛、ホットフラッシュや自律神経症状。

 
肩こりは、今まであまり感じなかったが、8月中旬に重いものを持ってから出現。家庭でのストレスもあるとのこと。

頭痛は、肩こりに伴い出現するとのこと。横になっているときはそれほど頭痛は感じないが、座位でいると前頭部に痛みが出現する。

ホットフラッシュは、特になんでもない時にも時々出現したりするが、緊張する場面で出現しやすい。

    

   
治療

主に肝(ストレス)をベースとした病だと考え治療を行う。

   

治療経過

初診

治療直後は比較的楽になった。

肩こりはすぐに戻った気がしたが、時間が経つにつれ良くなった。

二診

前回治療後と比べて10→6くらいになった。

治療直後は頭痛はあまり感じない。日によって悪化することもあるが前ほどの我慢できない痛さではない。

ホットフラッシュは依然あるが、多少少なくなった気がするとのこと。

三診

初診と比べ10→3くらい。

全体的に良くなっている。

肩はまだ凝っている感じあるが、頭痛は日にもよるが大きい痛みはない。

ホットフラッシュも前より良い。

七診

体調良い。肩こりもそう感じなくなってきており、頭痛はほぼ感じなくなってきた。

ホットフラッシュもだいぶ少なくなった。

   

まとめ

初診と二診目は治療直後の夜に、肩こりが少し悪化することがあったが、次の日には落ち着いた。頭痛は良くなっていたので、好転反応ととり、同じ治療を行い続けた。ホットフラッシュも治療中に出現したりしていたが、日に日に無くなっていった。

現在はほぼ症状は出現していないが、元々緊張しやすい性格なので、大きな病にかからないようにメンテナンスを行っている。

▲TOPへ