不妊症

頭痛、生理痛で悩んでいた女性の話

40代 女性

xxxxx主な症状xxxxx

頭痛、生理痛

xxxxx経緯xxxxx

当院の患者さんの紹介で来院。

最近、週に1〜2回側頭部にガンガンする痛みがあり、寝ても治らず困っているとの事。

本人はストレスが原因かもとおっしゃっていた。

また、生理痛にも悩んでおり若い頃から生理痛はきつく、社会人になり更に酷くなったとの事。

仕事を休まないといけなくなるほどの痛みあり。

xxxxx問診xxxxx

足のつり、目のかすみ、乾燥、立ちくらみがあり、生理時にはレバー状の血塊がいくつも出ており、鼠径部にチクチクした痛みなどが出現、生理前に眠くなったり、イライラしやすくなる等。

仕事のストレス→自律神経の異常もありましたが、同様に貧血や瘀血(血の滞り)もありました。

xxxxx治療xxxxx

自律神経に対する治療を中心に、瘀血や貧血傾向に対しても治療を行う。

xxxxx治療経過xxxx

初診)

治療後は全体に軽くなる。

頭痛はこの時なかったため経過観察。

治療2回目)

前回の治療後から1週間空いている。

治療後は2〜3日調子良かった。

休日に入り頭痛出現。

今回も同様に治療。

治療3回目)

生理と被ったためか頭痛出現。

生理痛はまだある。10→8くらいとの事。

治療6回目)

頭痛はあまり気にならない。

痛みはほとんどなく、痛みが来そうだなという違和感がある時がある。(仕事が忙しい時が多い)

治療8回目)

頭痛気にならない。

最近は違和感も無くなってきた。

生理痛痛みは全くなかったが、周期的は不規則なので経過観察。

治療14回目)

生理痛あったが痛みは少なく薬も使わずに済んだ。10→3

xxxxxまとめxxxxx

頭痛、生理とどちらも緩解する事が出来た。

うまく自律神経を調節しつつ、瘀血を処理できた事が良かったと考えています。

生理痛に関してはまだ多少痛みがあるのでしっかり治療していきたいと思います。

妊娠も考えているそうなので、いい子宮環境が作れれば、妊娠できやすい身体になっていくと思います!

一緒に頑張っていきます!

二人目不妊➡️つわり


Mさん 30代 女性

xxxxx主な症状xxxxx

・二人目不妊

4年前に一人目の子を出産したが、その後なかなか二人目が授からなかった。

西洋医学での治療経験なし。

・肩こり、頭痛、イライラ

仕事中より休みの日の方が悪化しやすい。

また、平日は仕事で気を使い、家に帰ると子供の世話で、なかなか自分の時間がとれず、疲れてくる夕方に肩こりなどの症状が悪化しやすい。

xxxxx治療xxxxx

問診より、自律神経(ストレス)が主たる原因と考え治療を行った。

また、生理の状況から、一定の血の不足・血の滞りもあるため、これらも考慮し治療を行った。

xxxxx治療経過1回目xxxxx

主に自律神経にかかわるツボに対して施術を行う。

治療直後は肩が軽くなる。

xxxxx治療2回目xxxxx

治療直後は全体的に楽になるが2~3日で戻る。マッサージ治療を含め治療を行う。

xxxxx治療目10回目xxxxx

体調は良い。肩こりは仕事の状況により悪化することはあるが前ほどではない。イライラも前よりおさまっている。

生理の血の塊がなくなる。





体調に波はありつつも、生理の状態は良い方に向かっていく。





xxxxx35回目xxxxx

妊娠確認。

おめでとうございます!!!

⬇️

xxxxxつわりxxxxx

一人目の子の時のつわりがかなり辛かったそうで、吐き気が強くスイカしか食べれない状態続き、毎日吐いていたとのこと。

妊娠14週~15週くらいまでその状態が続き、仕事も休んでいた。

⬇️

今回のつわりはそういったことはなく、日によって波はあるが、基本的にはご飯も食べれる状態で、吐き気自体は前回と比べかなり楽だったそうです。

xxxxxまとめxxxxx

しっかりと自律神経に対して針や灸でアプローチしたことにより、自律神経が整い、生理の状態が改善し、良い胎内環境を作ることができた。

また、つわりに関しても一人目の時の内部環境よりも、良い精神状態と良い内部環境を作れていたので、つわりを軽く抑えることができた。

不妊症は生理の状況がかなり重要です。

不規則な生理周期・生理痛・生理中の血の塊・生理中の下痢等々何らかの異常があると不妊症になりやすいですし、不育症にもなりやすいと考えています。

不妊症・不育症でお困りの方は、まずはしっかりと良い生理、内部環境を作れるように整えることが大切です。

不妊症・不育症でお困りの方、つわりでお困りの方はいつでもご相談ください。

不妊症

utsu_woman

20代女性 Iさん

 

・主訴 不妊症・生理痛

3年くらい前に結婚し、なかなか子供を授からないので婦人科を受診。

卵管造影で左の卵管がつまっていると診断された。

効果があまり出なかったので、友人の紹介で当院を受診。

 

・中医学的な問診によるIさんの身体の状態。

昔からストレスをため込みやすい性格で、今現在も仕事などのストレスは多い。

ツボやその他の状態として、特に肝、胆、腎経にツボの反応差があり、

舌は赤黒く、緊張した舌で、脈は細く硬い。

他の様々な情報と照らし合わせ、ストレスから気血の滞り+血の不足もあると考え治療を行いました。

 

・治療

体の状態に合わせ、血を補う期間とストレスに対する治療を行う期間に分けて治療を行いました。

(合谷/後渓/三陰交/太渓/照海/臨泣/太衝/膈兪/肝兪/脾兪/腎兪等)ツボの状態に合わせ2~4穴使用。

 

・治療効果

(他覚的)

舌・脈のどちらも緩む。

(主観的)

肩頸の凝り緩む。

眠たくなる。

生理痛がほとんど気にならなくなる。

 

・まとめ

元々ストレスをためやすい傾向であった為、気血が滞りやすくめぐりが悪い状態であった。

さらに、慢性的なストレスにより血を暗耗し、血の不足傾向もあったため、

妊娠できる身体づくりができていなかった。

以上のことから、気血をしっかりめぐらし血を補う治療を行った事により、

ストレスが原因であった生理痛は緩解し、痛みがほぼなくなった。

これから、妊娠につなげられるよう診ていきたいと思います!

 

▲TOPへ