こんにちは!

いっきゅうの小野です。

突然ですが、もうすぐ子供が産まれます。

色々と治療をして、奥さんの体調が安定して良かったので参考までにご紹介します。

 

・妊娠初期

基本的には、

“打針(刺さない針でお腹を治療)”

“背部の反応の大きいツボに対して針治療”

を行ってました。

あとは日常的に、












頭寒足熱

を頭に入れて生活してもらってました。

漢字の通り、頭冷やして、足は暖める。

これはものすごく大事なことです!

これが逆に頭熱足寒になると、つわりも酷くなるでしょうし、更に言うなら流れやすくなってしまいます。

なので!

“しっかり足を暖める”

“頭を自分で触って熱いようなら、アイスノン等で冷やす”

この2つに気をつけてもらってました!

そのためか、つわりはほとんど苦にならない程度で済みました!

 

・妊娠後期

妊娠後期はうちの奥さんの場合は、

肋骨の痛み、お腹の張り、胃の痛み、食べると気分が悪くなるという症状が出ていました。

治療としては、妊娠初期と同じような針をしつつ、マッサージを行っていました。

治療をすると胃の不快感は減り、お腹がかなり柔らかくなりました。

ただ、肋骨の痛みはなかなか取れにくかったです。

赤ちゃんが肋骨を縫うように蹴ってくるらしいので…。

出産をした友人に聞くとうちの奥さんのお腹は、かなり柔らかい様でビックリされました!

とりあえず、自宅では背中~腰を気持ちいいくらいの力で揉んでもらうだけで、お腹の張りや胃の不快感は減ると思うのでやってみてください!

 

難しそうなら当院へ来院ください!

健康な母体があるからこそ、

健康な子供が産まれると思います。

その力になれれば良いなと思います!


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
肩こり・腰痛(ぎっくり・急性)・鬱病(うつ病)・自律神経失調症から、
頭痛・生理不順・PMS(月経前症候群)・不妊治療の婦人科疾患、
がんやパーキンソン病、ALSなどの難病にも鍼灸治療をぜひどうぞ。

● 針灸治療院いっきゅう ●

・電話番号:052-325-5014
・営業時間:9:00~12:00、17:00~21:00 (休診日:木・日)
・住  所:名古屋市西区市場木町401 庄内公園朝日マンション101
・ HP :http://www.shinkyu-ikkyu.com/
・facebook:https://www.facebook.com/1678388329062052/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/